車の査定でマイナスされるポイントとは

車を査定してもらう際に、実際の査定士が見るポイントの中で、とくにマイナスポイントになりそうな部分がありますので注意しておきましょう。

中古車の査定では車の「標準状態」を基準として、そこから査定される個々の車の状態に応じて項目ごとに加点(プラス)、減点(マイナス)されて査定額が決定します。

標準状態の項目からわかる査定マイナスポイント

標準状態の項目は査定の基準となるものです。査定士はこの基本となる項目にとくに厳しい目を向けます。ここで基準よりも状態がよければ査定はプラス、状態が標準より悪ければ査定マイナスとなるわけですから、とくに注意しておきたい部分です。

外装・内装

車のボディやバンパーなどの外装だけでなく内装にも傷がないことが求められます。車は屋外で乗るものですから、ただ乗っているだけでも無キズで済ませることは難しいですが、日ごろから気をつけて運転し、ワックスなどのケアを怠らないことで査定のマイナス部分を最小限にすることができます。

エンジン・足回り

エンジン部分は自分ではいじることはできませんが、定期点検や早めのオイル交換で状態の悪化を最小限に食い止めておきたいものです。

車検の有無

車検が残っていなければ査定でマイナスとなります。しかし査定額に大きく影響するものではなく、わざわざ車検を通してから売る、査定に出す、という必要はありません。業者は我々一般のユーザーよりも安く車検を通すことができることから、車検分は査定額に大きく計算されません。

走行距離

年式に応じた平均的な走行距離と実際の車の走行距離との比較で査定評価されます。年間の走行距離が1万kmを大幅に超えるようであれば、査定額はマイナスになります。走行距離が少なすぎる場合も、普段動かしていないことによる故障が懸念されるなど、場合によっては高い査定評価は得られません。

タイヤの残り溝

タイヤの残り溝が1.6mm(スリップサイン)以下の場合は査定マイナスとなります。

その他、事故による修復歴、損傷減価要因、改造工作のないこと

車の走行に影響を与える重大な修復履歴のある車は大幅に査定マイナスとなります。いわゆる事故車では値段がつかないか二束三文となってしまうこともあります。極端な改造も査定額を下げるマイナス要素です。カスタマイズする際にはノーマル部品を残しておいて、場合によっては元の状態に戻せるようにしておくとよいでしょう。

[icon image=”check-b-r”]【関連記事】
[icon image=”arrow3-r”]自動車査定士が車を査定する際の具体的な手順

この標準項目以外にも、査定に出す際に車の内装外装に汚れが目立つ、車内にゴミが目立つ、車にタバコの臭いがしみついている、なども査定の際にはマイナスポイントになると考えられます。

査定に出す車を、自分が中古車として買いたくなるかそうでないか?を考えてみると分かりやすいかもしれません。査定のマイナスポイントを最小限にするには、車を購入した時からきちんと対策をしておきたいものです。日頃の車の使い方、乗り方次第で、その車を売りに出す時に数万円、数十万円の違いが生まれるのですから。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ