愛車を下取りや買い取りに出す際に査定でプラスになるポイント

下取りや買い取りでは専門家による査定を受けて売れる金額が決まります。自分の車が不人気車だから高額査定なんて望めないよな、こないだバンパー擦ってしまったし、汚くしてるからなあ、とあきらめる前に査定でプラスになるポイントをチェックしてみましょう。

車査定の時に査定士が見るチェックポイントというのものがありますので、基本的にはこのチェック項目で状態がよいものがあれば加点されていき、標準的な査定額よりも査定額は高くなり、各項目での状態が悪ければ減点さてて査定額が下がります。

理想を言えば、車を安く買って高く売りたいものです。不人気車や値段が下がった車が売る時には高額査定がつく場合もありますので、あきらめずに査定に出してみましょう。もし以下に該当するならたとえ安く買ったクルマでも高額査定が期待できるかもしれません。

走行距離が少ない
中古車として売りに出されている車の年間平均走行距離は1万km程度です。車の1年間の走行距離が1万キロを超えてしまうと、査定額はがくんと落ちます。逆に言えば標準よりも低い距離しか走っていない車は査定がプラスになります。しかし、10年たっているのに走行距離2km、などのように極端に少ない走行距離の場合、倉庫に眠っていたなど長い間放置されていた可能性があるとして評価が下がる場合もあります。車はある程度動かしていないと故障の原因にもなるということも考慮されるのです。何事もほどほどがよいようです。

グレードが高い
同じ車種でもグレードが高ければ高いほど査定にはプラスになります。高級車になればなるほどその傾向は強まりますがたとえ不人気車種であっても基本的には同じです。

大事に乗られている車
内装・外装のキズ、へこみの有無。定期点検をきちんとうけているかどうか。オイル交換を怠ってはいないか?など車のメンテナンスやケアをきちんとしてきたかどうかは査定の際の重要なポイントです。自分の車だからといって適当な乗り方をしていると最終的に売る時にしっぺがえしをくらい損をすることになります。

オプション
カーナビ、ABS、サンルーフ、カーステレオ、シートなどのオプションが充実していれば査定でプラスポイントになります。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ