シトロエン

シトロエンは1919年に創立されたフランスの大手自動車メーカのひとつ。現在は、PSA・プジョー・シトロエン・グループの一企業となっています。

創業者アンドレ・シトロエンは、やまば歯車の製造と大砲用の砲弾製造で成功し、第一次世界大戦直後の1919年にフランス版フォードを作るとシトロエンを設立しました。シトロエンのマークは、2つの楔形を重ねたものだが、これはアンドレ・シトロエンがシトロエンを始めるきっかけとなった『やまば歯車』の歯形をモチーフにしたものと言われる。

派手好きだったアンドレシトロエンの経営が1934年には危機に陥ったため、タイヤメーカーのミシュランの系列会社となる。そのため、シトロエン車は工場出荷の際には、ミシュランのタイヤを生着しているという訳だ。

1960年代には、イタリアのフィアットやマセラッティと提携。が、1970年代には再度経営困難に。1976年からは、ライバルであるプジョーに主導される形で、PSA・プジョーシトロエン・グループの傘下となっている。そのため、エンジン等プジョー社と共通化された。現在も、プジョーとのコンポーネンツを共用方針は変わっておらず、始業当初の個性は隠れてきているが、プジョーとは一味違ったチャームを持つ車としてファンを魅了し続けている。

地元フランス大統領の就任パレードの際には、シトロエンのオープンカーが使われるのが伝統となっている。また、モータースポーツ活動も、ラリーを中心として行っている。

レトロな昔のシトロエンの代名詞とも言える『2CV』を始め、とくにファミリー世代に人気のC3やC4、ピカソなど、いつの時代にも、クオリティーとデザインと使い勝手にもこだわった自動車を世に送り続けています。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ