ディーラーの下取り査定額は高い!?からくりに注意

新車ディーラーで現在の車を売り、新車の購入費用にあてる下取り。ディーラーでの下取りは、中古車販売業者への「買取り」よりも高い査定額をつけてくれるので得をする、と信じているユーザーがいます。本当にそうでしょうか?

高額な下取り額にはからくりが

中古車を買い取りしてもらおうとディーラーに車を持ち込むと、かなり低い査定額を提示されることがあります。しかし、そのお店で新車を購入する代わりに今乗っている車を下取りに出したい、というと手のひらを返したように態度が変わり、下取り額もせいぜい50万円と思っていたのが気前よく60万円の提示。よそよりも高い査定額がつく。

おお、さすがディーラーだ。新車を買うのだし、サービスしてくれたのか、いい人だなあ。
などと思ってはいけません。

新車といえども今は値引きが当たり前です。
本来、そのディーラーで購入する新車の値引き額を査定額の方に回しているだけかもしれません。

「下取り査定額はサービスして60万円つけますよ♪」
と言われて60万円かあ、他店の査定では50万円だったから10万円得したよ、とはなりません。新車の割引額が0円だからです。

例として他店では新車購入時に30万円割り引くのが普通だったとして、
新車の値引き額30万円+妥当な査定額50万円=―80万円

となり、20万円も損してしまうのです。

これはあくまでも一例ですが、車をディーラーに下取りに出す場合にはこのように査定額がうやむやにされてしまいがちですので注意が必要です。
より高く車を手放すには、車は下取りに出さずに買い取りで売り、新車は値引き交渉をして普通に買う、というやり方の方がトータルでみて得をするケースが多いようです。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ