ゴールド免許であれば保険料は割引になるの?

ゴールド免許であれば保険料は割引になるの?
契約の始期日(第1日目)でゴールド免許の資格がある場合は、ゴールド免許割引が適用されます。

現在の自動車保険のほとんどは、「リスク細分型」と呼ばれる商品です。
リスク細分とは、契約者のリスクを様々な条件からグループ分けしたうえで保険料を決める仕組みと思ってください。
そのグループ分けされる(細分される)代表的なものが「免許証の色」「走行距離」「車の使用目的」「運転者の年齢」などです。

ゴールド免許割引が適用されるためには、保険の始期時点で「ゴールド免許を持つ資格」を有していればOKです。
決して契約手続きをする日ではありませんので、ご注意ください。
誕生日と免許更新日の都合によっては、始期日時点ではまだ免許更新に行けずブルー免許のままだ、という方もいらっしゃるでしょう。
ただ、このゴールド免許に関しては、実際の免許証の色は関係ありません。
運転免許証の更新連絡書(ハガキ)が、更新年の誕生日の日約1ヵ月前までに送付されているはずなので、それで事実確認できれば大丈夫です。
残念ながら、免許証の色は保険期間の途中で変更になっても、保険料には影響しません。
保険期間が2年や3年の長期で契約しているブルー免許の方は、ゴールド免許になった際にはこのまま契約を満期まで続ける場合と、途中で切り替えしてゴールド免許割引を使用する場合とで、どちらがお得かを検討するのも一理ありです。

ちなみに、このリスク細分型の考え方は、自動車保険のみならず生命保険にも適用されています。
優良ドライバーであれば、自動車事故によって死亡・負傷するリスクが低いので、ゴールド免許を保持しており且つ自動車保険の等級も高ければ「優良ドライバー割引」を適用する、といった生命保険会社が出てきています。
今後、自動車保険も新たな細分化の条件が出てくるかもしれません。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ