車を買ってくれる業者の種類と特徴

車を手放したい場合に、買取り、下取りなどをしてくれる業者の種類とそれぞれの特徴を紹介します。

一般的に、愛車を手放す場合には、新車、中古車で購入していても、あなたの愛車は中古車ということになり、中古車市場に出ることになります。

オークションに自分の手で出す、という方法もありますが、慣れていないと手続きなどが複雑なため、ほとんどの方は中古車を扱う業者に愛車を売る、ということになるでしょう。

主な買い取り・下取り業者

  • 買取り専門業者
  • 中古車販売店
  • ディーラー(下取り)
  • ディーラー系中古車販売店
  • 中古車ブローカー
  • 修理・塗装などがメインの自動車関連業者

買い取り専門業者

ガリバーやラビット、アップルといった大手の車買取専門店の他、大小さまざまな中古車を扱う業者があります。買い取った車のほとんどは業者専用のカーオークションに出されます。業者間売りのプロという立場で大量の車をさばけるので、車種、状態などさまざまな車を買い取ってくれます。独自の査定基準、相場に精通していることから需要のある車には思わぬ査定額をつけてくれることもあります。年式や走行距離であきらめている人もあきらめずに複数の業者に問い合わせるとよいでしょう。

中古車販売店

道路沿いによくみかける中古車をずらりと並べて販売しているお店です。買い取った車を自分のところで売ることで買い取り額と売却額との差額で利益を出しています。中古車販売店の中には自分のお店で売る以外に買取専門業者と同様にオークションにも出品しているところもあります。一番の強みは買ったクルマを自分の店ですぐにさばける、というところで、迅速な対応が期待できます。

ディーラーの下取り

新車購入の敷居を下げるために、あなたの車を高く下取りして購入費用にあてられますよ、というのが「下取り」です。しかし、現実には中古車業者の力が強くなってきている昨今、ディーラーへの下取りよりも車を業者に買い取ってもらう方が高い値段で売れることが多いようです。

ディーラー系中古車販売店

以前はディーラーが下取りした車を中古車販売店に卸す、ということで利益を得ていましたが、中古車市場が活発になるにつて、中古車販売店の力が増し独自の買取やオークション仕入れによるルートを持ち始めたため、ディーラー側も自社メーカーで中古車販売店を運営するようになっています。買取価格的には、一般の買取業者よりもやや下がる傾向にあります。

[icon image=”check-b-r”]【関連記事】[icon image=”arrow3-r”]ディーラー系中古車販売店

中古車ブローカー

自身で販売などをすることなく、中古車を仕入れ、流すという売買を仲介するような形で利益を得ている業者です。オークションなども利用していると思われます。

修理・塗装などがメインの自動車関連業者

持ち込まれた車を修理、塗装などをしてまた売る、ということをメインの修理、塗装などの合間に行う場合があります。こうしたところで物色すると、販売メインという事がない分、商売っ気のない値段がついていることもあり、思わぬ掘り出し物を見つけることができるかもしれません。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ