自動車保険に加入したい時にはどこで手続きすればいい

これまで自動車保険に限らず、保険に加入する時は代理店に見積もりを出してもらい、検討・加入するのが主流でした。ですが、最近はフリーダイヤル・インターネットを使用して、自分でも簡単に見積もりが出来るようになりました。どの保険会社の商品を選ぶかは確かに大事ですが、どこに保険の相談をするかも大事なことです。いざ事故に遭った時に頼れる人を、加入の時から見極めておきましょう。

主な販売形態と、その特徴について記載します。

【一般代理店】

最近CMで見る「保険の窓口」のように、保険の専門家で加入する方法です。
保険の資格だけではなく、ファイナンシャルプランナーや証券外務員の資格を保有している方もいるので、自動車保険だけではなく、その他の火災保険・生命保険・資産運用についても相談に乗ってくれることがあります。
「保険のことをまとめて任せたい」という人におすすめです。

【ディーラー・中古車販売店】

車を購入した時に販売店で加入する方法です。
事故の際は加入したディーラーに修理を依頼すれば、代理店へ連絡する必要もないので、迅速な対応が期待できます。
保険料の水準は一般代理店と同じですが、一般代理店には販売できない長期の契約、車のローンとリンクさせた保険のプラン、メーカー独自の補償を案内してくれる等のメリットがあります。
「車のことをまとめて任せたい」という人におすすめです。

【インターネット】

代理店を通さず、契約者自身が見積もり作成やプランニングを行う方法で、保険会社と直接契約するため保険料は安価です。
インターネット割引という高額の割引があり、更に保険証券をWebで閲覧するように選択すると更に割引が受けられる保険会社もあります。
一括見積もりサイトで複数の保険会社の見積もりをまとめて計算ができるので、他社との比較が簡単にできます。
ただし、事故が起きた場合身近に直接相談できる相手がいないため、事故担当者や保険会社が設置しているフリーダイヤルで相談を行うことになります。

それぞれメリットが存在しますので、自分にあった方法で加入するようにしましょう。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ