自動車保険の満期は乗換時

自動車保険の満期が近づくと、気になるのが新しい保険料です。
保険会社が推奨する一般的なスケジュールでは、下記のような流れになります。

【満期3ヶ月前】現在の契約データを参考にして、保険会社が保険料を計算する

【満期2ヶ月前】新しい保険料をDMで発送する

【満期1ヶ月前】代理店を通じて更新手続きをする

【満期2週間前】新しい保険証券が到着

この時、満期直前に保険金を受け取った場合は、勿論等級や事故有係数適用期間が変わりますので、新しい保険料を計算してもらわなければなりません。
そして満期直前に車を廃車にしたが既に契約は更新済・・・という場合は、契約のキャンセルが出来ますので、早めに保険会社に連絡をしましょう。

保険会社がこのスケジュールを推奨しているのは主に2つ理由があります。
1つめは満期直前の手続きだと、仕事や旅行等で連絡がとれず、そのまま無保険になってしまう危険性があること。
2つめは、早期に更新手続きを終えることによって、他の保険会社へ顧客が流出することを抑えるためです。
とはいえ保険はそれなりに高額な支払いですので、他と比べて保険料がどの程度違うのか比べてから契約したいという方もいらっしゃるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、「一括見積もりサイト」です。
通販系の自動車保険を販売している会社の保険料をまとめて計算し、結果をメールで教えてくれます。
しかもその結果も1パターンではなく、車両保険の有無を変えてくれたりするので、非常に参考になります。
通販系ではない保険会社のホームページでは、その会社のみの保険料しか計算できないので、比較するにしても効率的ではありません。
一括見積もりサイトの中には、見積もりをするだけでQuOカードやアイスのギフト券をプレゼントしてくれる会社もあります。
景品目当てにサイトを利用することの良し悪しはともかく、効率的に比較・検討をされたい方にはおすすめのサイトです。
また、サイトには「満期が近い方のみ計算可能です」と注意書きされていますが、入力内容に問題がなければ他社から乗り換えたいと思っている方でも計算は可能です。
是非お試しください。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ