自動車保険料を正しく計算するために必要なこと

自動車保険の契約時に、保険料に関わる部分で特に申告が重要な項目について確認します。

【車に関すること】
○初度登録年月
○型式
○車両価格
○車の使用目的(通勤・通学or日常・レジャーor業務)
○走行距離

【契約者・被保険者に関すること】
○免許証の色
○生年月日
○等級
○事故有係数適用期間

かつて自動車保険は、どの保険会社に入っても同じ商品でした。
それが1998年に自由化され、各保険会社が固有のサービスを作り販売したため、商品や保険料に差が出ることになりました。
一方で契約者には選択の自由が増えたと同時に、自分にあった商品を見極める責任が求められることになりました。
今では、運転者のリスクを細かく分け、事故を起こしやすい人(等級が低い、高齢者など)からは保険料を多く、事故が少ない人(等級が高い、ゴールド免許など)からは保険料を少なくもらうような仕組みが整えられています。

よって、正しい保険料を計算してもらうためには上記の項目を間違いなく申告する必要があります。
その他にも契約時に申告しなければならない項目はありますが(前に契約していた保険会社の名前、車の登録番号など)、保険料を計算するのに影響するこれらの項目を誤って申告すると、後ほど差額保険料を支払わなくてはいけなくなります。
特に等級に関しては、保険会社を変えても引き継がなければならないため、本来6等級で契約しなければならないものを故意に20等級で契約したとしても、後日保険会社間の情報交換で調査されるほど、徹底して守られています。
正しい保険料を支払っていないと、事故が起こった時に保険金を支払ってもらえないトラブルに発生する恐れもあります。

スムーズな事故対応を望みたい時に、契約不備を指摘されては、保険に入った意味がありません。
契約時に保険に関する内容は包み隠さず真実を話すこと(これを告知義務といいます)、また契約後も変更があればすぐ手続きをしましょう。(こちらは通知義務といいます)

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ