誰もが強制的に加入する自賠責保険

自賠責保険とは何でしょう。日常生活で最もこの保険に関わるタイミングは、ずばり「車検」の時です。
ただし、ディーラーさんもしくはガソリンスタンドで車検とまとめて手続きされること、車のダッシュボードに車検証と一緒に保管されているだけのことが多いので、加入しているという認識はあまりないかもしれません。

ですが証明書を見てみると、確かに契約者は車の持ち主であり、補償の対象である車のナンバーが印刷されているのです。
そしてその保険料は車種と期間に応じてあらかじめ決定されており、車検の時に他の料金と一緒に支払っているのです。

この自賠責保険、正式名称は自動車損害賠償責任保険といいます。
全ての車に加入することが義務付けられており、強制保険とも呼ばれます。
(それに対して、損害保険会社が販売している独自の自動車保険は任意保険と呼ばれます)
その名の通り賠償するための保険で、車の運行が原因で第三者に怪我をさせてしまった場合に、保険金が支払われます。
ひき逃げに遭ったり、無保険車に事故を起こされた場合も対象になります。
具体的には怪我の治療費、慰謝料、葬儀費用等が支払われますが、支払われる金額には1名あたり○○円までという制限があり、自賠責保険だけでは相手に十分な賠償ができないケースもあります。
また、自分自身の怪我や車の修理費等は対象外になることから、この足りない部分は任意保険で補わなければなりませんので、別途加入が必要です。

いざという時必要なのは「相手へ支払うお金」と「自分のために使うお金」です。
確かに貯金も有効な手段の1つですが、貯金は一定額を貯めるまでに相当の時間を有することから、僅かな出費で最大限の補償を得ることができる保険の方が事故に備えていると言えるでしょう。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ