自動車事故に遭った時は誰に何を伝えればよいの?

車を運転していて、万が一事故に遭った時は誰に何を伝えればよいのでしょうか?

A:まずは二次災害を防ぐこと。その後警察、保険会社や代理店へ連絡してください。

必要な行動は、以下の4つに集約されます。

①ケガ人の救出、救護
 ケガ人がいる場合は、状況に応じて救急車を呼んだり、AEDを使用するなど、人命を最優先しなければなりません。

②二次災害の防止
 事故車両を安全な場所へ移す、三角表示板やハサードランプで他の車に注意喚起をするなどの対策を行います。

③警察へ事故の届出
 どんなに軽微な事故であっても、必ず警察へ連絡し、事故の届出を行います。
 なお、人身事故の場合は、人身事故であることを必ず届出してください。

④保険会社(含む代理店)へ連絡
 保険会社には24時間受付のコールセンターがありますので、深夜や早朝の時間帯にはそちらを利用しましょう。その際に事故の日時、状況、場所などを伝えます。
 車両の損害が大きく、レッカー手配が必要な場合はその旨を伝えると、事故報告と同時にロードサービスの手配をしてもらえます。

被害者の立場であっても、事故報告は必ず行います。
自分が加入している保険で補償対象になるものがないかどうかの確認ができますし、万が一相手が無保険の場合は自分の保険を使わざるを得ない場合もあるでしょう。

誤解されがちですが、保険会社に事故報告をする=等級ダウンするではありません。
ロードサービスのみ使用したのであれば、等級ダウンにはなりません。
また、自己負担する金額<翌年以降の保険料の差額であることが分かれば、保険を使わない旨を担当者に伝えれば、これも等級は下がりません。

交通事故は一生に一度あるかないかの出来事です。事故が起きてしまった時こそ、慌てず落ち着いた行動をとりましょう。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ