車の査定時に事故歴は言わなければいけないですか?

車を査定してもらう際に、その車に事故歴があるかどうかを査定士に話すべきか、そもそも告知義務はあるのでしょうか?また事故をおこした車だと知っていて伝えなかったことで何か問題になるのでしょうか?
車の事故歴

事故歴は必ずしも話す必要はない

事故歴とは言葉通りにとると「その車がなんらかの事故に遭遇したことがある」ということです。ガードレールに軽くボディを擦った程度でも事故ですし、交差点で正面衝突した、というのも同じ「事故」になります。実際にはちょっと擦った程度の事故をいちいち申告する必要はありません。査定の場合に重要となるのは「車の骨格部分などにダメージをうけたことがあるかないか」という修復歴の方です。

修復歴は申告しておいた方がよい

修復履歴(修復歴)とはこちらで説明しているように、車のフレームなどの重要部分について交換、修復したことがあることを言います。修復歴がある車の価値は大幅に下がることになります。査定をしてもらう時は少しでも高く車を買ってもらいたいという気持ちもあり、値段を下げるようなことは言いたくないものです。しかし、車の状態について重要な情報を知っていたのに伝えなかった場合には車買取業者と後々にトラブルとなる可能性があります。

トラブルは少なくない

査定の際に事故歴を隠しておいたことで、後でばれて査定額を大幅に減額されたり、「オークションで損害を被ったので差額分を補償しろ」などとお金を要求されたというようなトラブルが少なくありません。たとえ事故車であることを申告していなかったとしても、「査定の段階でそれを見抜けなかったのはプロである査定者の責任だ」「とくに聞かれなかったから」と車を売却するユーザー側の意見もあるかもしれません。しかしいずれにしろ、面倒なことになるのは間違いありません。

契約書に明記されている場合も

車を売却する際には売買契約書を交わします。その条項の中に車の事故歴、修復歴などについて虚偽の申告をしてはならないことや、売買契約をした後、業者側で詳細な整備点検の際に重要な不具合が見つかった場合には査定額の変更の可能性が認められる、というような文面が記載されている場合があります。車を売却する際には、面倒でもしっかりと契約書を読み込んでおきたいものです。

まとめ

woman-yubisasi150実際のケースでは車買取業者が最後まで事故歴を見抜けずにユーザーにとっては正直に申告するよりも金額的に得をする場合はあります。しかし無用なトラブルを避けるためには、修復歴についてはきちんと申告をしておく方がよいでしょう。それ以外の軽微な事故、修理についてはいちいちこちらから申告する必要もないので査定士が見抜けるかどうかお手並みを拝見する、というのもいいかもしれません。
車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ