自動車保険が必要な理由

自動車事故の被害者になった場合にも加害者になってしまった場合にも、自動車保険に入っていることでリスクを軽減することができます。

どんなに最新の注意を払っていても、車を所有している限り、事故が起きるリスク(危険)とは常に隣り合わせです。

「カーナビを操作していたら、前の車が信号で停車した事に気づかず衝突した」
「スピードを出しすぎて、カーブを曲がり切れず、ガードレールに衝突した」
「飛び石がフロントガラスにあたり、ひびが入った」
「子供が急に飛び出してきて、避けられずに怪我をさせてしまった」

運転者は、被害者・加害者どちらにもなり得る可能性があります。

では、もし貴方が交通事故の被害者になったら?
車を修理したいですよね。
怪我をしていたら、治療費を払ってほしいですよね。
治療で仕事を休むことになるかもしれないので、その間のお給料が減ったら困りますよね。
車に積んでいた荷物だって、壊れたら弁償してほしいですよね。

では、もう1つ。
貴方が交通事故の加害者になったら?
きっと貴方は相手側から上記のような補償や弁償を求められるでしょう。
果たして貴方は「自分は悪くない」と相手の希望を跳ね除けることができるでしょうか。

事故が発生すると「車の修理費」「怪我の治療費」「相手への賠償」など様々なお金がかかります。
では、万が一の金銭的な負担をどのように準備するのか。
その最も簡単な方法が「保険に加入すること」なのです。
特に車に関する保険は、自賠責保険(国が運営する強制保険)と任意保険(損害保険会社が販売する保険)の2種類があり、任意保険は会社によって補償・サービスが異なるので注意が必要です。

保険は事故が起きない限りお金を受け取ることがないので、支払っている保険料を無駄と感じる方もいるでしょう。
でも、決して無駄なんかではありません。
保険は貴方の万が一を救う大切なパートナーなのです。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ