自己負担が発しない人身傷害保険

人身傷害保険では、対人賠償では補償されない自分自身あるいはその家族が死傷した場合に、保険金が支払われます。
自身に過失の有無に関わらず損害額を補償してもらえるので、人身傷害保険があれば自己負担は発生しません。

【人身傷害がある場合】
損害額 3,000万円     
自分の過失 40%  
相手の過失 60%  
   ↓
相手からの賠償 1,800万円(3,000万円×60%)
自己負担の金額 1,200万円(3,000万円×40%)

【人身傷害がある場合】
人身傷害補償保険で3,000万円
(※ただし、保険金額が3,000万円以上で契約されていることが条件)  

人身傷害保険の保険金額は、対人賠償・対物賠償のように「無制限」と決めるものではなく、契約者自身の年齢・収入・家族構成等を踏まえた上で適正と思う限度額を決定するものです。
よって、仮に保険金額3,000万円と設定した場合は、最大3,000万円支払われるのであって、損害額が僅かな場合はその金額が支払われ、逆に高額の場合は3,000万円を超える金額についてがやはり自己負担となります。
契約すべき保険金額の目安を知りたい場合は、保険会社に確認するもしくは自動車保険のパンフレットに掲載されていることがありますので、参考にしましょう。

また、各保険会社では人身傷害保険を更に手厚い補償とするための特約を用意しています。

・歩行中の事故を補償する
・自転車で走行中の事故を補償する
・電車や飛行機内での事故を補償する
・リハビリ訓練の費用を補償する
・入院中にホームヘルパーやベビーシッターを手配するための費用を補償する
・入院中に個室を利用した時の差額を補償する                   等

これらは人身傷害保険に自動的にセットされている(自動付帯)場合もあれば、契約者の希望に応じてセットの有無を変えられる場合もあります。
勿論補償が厚ければ暑いほど契約者が支払う保険料は増えますので、複数の見積もりを作成して比べてみるのがよいでしょう。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ