中古車買取店によって買取査定額が違う理由

車を高く売るためには複数の買取業者に査定をしてもらうことが必須ですが、そもそもなぜ車買取店によって査定価格、買取り価格が違うのでしょうか?

車の査定額というのは車の人気、年式などである程度の値段が決められます。「レッドブック」という中古車価格が掲載されている本、オークション相場などの現状から、車の標準的な状態での基準となる査定額を決め、そこから個々の車の状態によって実際の査定額が決められていきます。

【関連記事】中古車の査定価格の算出方法

中古車業界は車を買い取るという仕入れを行い、他の人に売るということで利益を得ているビジネスですから、価格には非常に敏感です。それぞれの業者で査定士という共通の資格をもった査定員が査定をするわけですから、どの買取業者に査定してもらっても同じ査定額になりそうなものですが、実際には買い取り店によって価格差があるのが現実です。

こうしたことから、同じ車を売るなら少しでも高いところに売った方がいい、ということで車を手放す時には複数の買取業者で査定をしてもらい見積額を出してもらってから、一番高い金額をつけてくれた人に売るというのがかしこい方法です。

そもそもなぜ、車買取店によって査定額はまちまちなのでしょうか?
車の状態をプロの査定士が見逃す、というこはあまり考えられません。よほどの新人でなければ、傷、へこみ、装備の査定額などを見誤ることはないでしょう。なかには徹底的にあら捜しをしたりするところもあるでしょうが、きちんと査定をすれば同じような査定額になります。じつは査定額に差を生む原因は車そのものというよりも買取店側の事情によることが大きいのです。

売る自信のある車は高く買う
中古車買取業者はどこも同じような品揃えではありません。業者によって商品構成には違いがあります。特定の車種を自分の店で多く扱っていて、買取ってもいつでもさばける自信があるような場合、買取査定額は高くなります。逆にあまり取り扱っていないクルマについては利益を見込みにくいため、査定額は低くなります。

業者の営業方針なども強く影響する
また、車買取業者の営業方針なども査定額に影響を与えます。テレビでも有名なとある中古車買取専門業者では、社員に「甘い査定をつつしむように」という指令を出し、利益をあげるために通常よりも低い査定額で買い取ってくるようにという方針を打ち出していたそうです。こうした内部事情は一般のユーザーには伝わってきません。1社だけで査定を決めてしまうと比較材料がないため、プロである査定員のいいなりになって車を安く売ってしまうことにもなりかねませんので注意が必要です。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ