車の買取りと下取りの違いは?おすすめはどっち?

車を手放す時には、「買取り」と「下取り」という方法があります。この二つの違いはなんでしょうか?両者の違いや愛車を手放すにはどちらがおすすめなのか?についてお話します。

車を手放す時には、今乗っている車を手放した後に、新しく車を購入するという「乗り換え」のケースと、単に車を売るなり処分なりするだけでその後車を購入しないというケース、2つの状態があります。

単純に車を手放す場合には「買取り」となり、一括査定などで複数の車買取店に査定を依頼し、一番高い値段を自分の愛車につけてくれた買取業者に車を売ればよいだけです。

これに対して、「乗り換え」のケースでは、「買い取り」か「下取り」のいずれかを検討し、選択しなければいけません。

ちなみに「買取り」とは、車を買い取ってくれる業者に売るということです。中古車を買い取る専門の車買取業者(ガリバーなどが有名ですね)は多数存在しており、買取業者によって買取価格が異なります。また、最近では大手買取チェーン店以外にもトヨタなど各メーカーも自動車買い取り専門店を展開しています。

そして「下取り」とは、新車を購入する時にその同じ販売店に車を引き取ってもらうことです。「下取り」の場合、現在乗っている車の下取り価格が新車の購入費用から割り引かれることになります。手間が省ける反面、複数業者に査定してもらうわけではないので、買取りに比べて手放す愛車の価格は低くなってしまう可能性があります。

「買い取り」と「下取り」のメリットとデメリット

買取りの場合

買取りのメリット
複数業者に見積もりをすることで結果的に車が高値で売れる。
買取りのデメリット
査定申込み、業者との対応など手間がかかる。

下取りの場合

下取りのメリット
新車購入と同時に行えるので手間がかからない。
下取りのデメリット
ひとつの販売店だけで車の値段を決められてしまうので、金額面で損をする。

「買取り」と「下取り」のどちらが得か?

以上のように、買取り・下取りの双方にメリットとデメリットが存在します。
実際に、愛車を手放す際にはどちらを選べばよいのでしょうか?

これはやはりどの部分を重視するか?ということで人により変わります。
「面倒くさいのはごめんだ。お金には余裕があるから別にいい」と思える人は下取りを選択すればよいでしょう。
「少々手間をかけても、お金の面で損はしたくない」という人は、買取りを選択し、複数業者への見積もりをして愛車を最高額で手放すことを心がけましょう。

金額的なことだけでいえば、車を手放す場合に、下取りと買取では数万円から数十万円の差が出るのは普通のことです。高級車になればなるほどこの差は開きます。
また、車買取業者にも車種によって得意不得意があり、様々な業者に見積もりをしてもらうことで思わぬ高額査定が飛び出す例もあります。

今乗っている車が高く売れれば売れるほど、新しく乗る車にもっとお金がかけられていい車に乗れるのだ!ということになりますから、お金があってどうしょうもないよ、というお金持ちの方以外は、「買い取り」がおすすめですね。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ