自動車事故の過失割合の考え方

「過失割合」という言葉をご存知でしょうか。
自動車事故で相手がいる事故の場合に、必ずお互いがどの程度悪かったのか(過失)を割合で決めるものです。
実際の事故例を元に、過失割合の考え方について確認していきましょう。

以下の事故において、双方の過失割合を考えてみてください。

①A車が先行、その後続にB車
②B車が右側に車線変更し、A車を追い越す
③追い越し完了後、B車は左側へ戻ろうと再び車線変更
④車線変更の際、A車右側とB車左側が衝突

この場合、過失割合はA車が30%、B車が70%が基本となります。
勿論B車は左車線に戻る際に、十分な注意をしていなかったということで過失が発生します。
A車は直進していただけですが、右側から車が来るかもしれないという危険予測ができたはずという考えから、こちらも過失が発生します。

過失割合を決めるときは、過去の交通事故の裁判例を元に基本の過失割合が定められているため、それを軸に事故の当事者から状況を聞き取り調査し、更に双方の過失の数字を上下させていきます。
この事故でいえば、仮にB車が左車線に戻ろうとしていることにA車は気づいていたにも関わらず、スピードを落とさなかったという事実が確認できれば、A車の過失は上がるのです。
よって、どんなに「自分は悪くない」と思っていても、過去の判例がある限り、多少の過失を負担しなければならないことは多々あります。

最近ではタクシーやトラックに限らず、一般の方にもドライブレコーダーが普及しています。
事故処理で最も揉めるのが過失割合ですから、映像があることによってより双方の主張の整合性がとれるため、ドライブレコーダーの映像は貴重な資料と言えるでしょう。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ