自動車の個人売買は想像以上の手間と苦労を覚悟する

自動車を売る方法のひとつに個人売買があります。本来ならディーラーの中古車販売店や車買い取り店、町の中古車屋さんなどに売るのが一番手っ取り早い方法で即日お金になります。そうした専門業者に売る以外の方法に「個人売買」があります。

個人売買の方法

中古車を個人売買で売るには雑誌に「売りたし」と個人広告を出す方法、インターネット上でポータルサイトや専用の個人売買掲示板を利用する方法などがあります。

個人売買のメリットは高く売れる可能性があること

個人売買を利用して車を売ることのメリットはなんといっても自分の愛車を1円でも高く売れる可能性があることです。車の査定をプロにしてもらった時に自分が期待しているような査定額が出なかったような場合、言い方は悪いですが素人相手に売るなら、もっと高い金額で車を手放すことができる可能性があります。また、売り手と買い手の間にマージンを取る業者が介在していないために、車の売り手にとっては車を高く売ることができ、車を買う方にとっては安く車を買うことができるというメリットがあります。

個人売買のデメリット

金額的にはメリットがあると思われる個人売買ですが、実際にやってみようとするとデメリットも多くなります。手間やトラブルの危険性を知ったうえで個人売買を利用して売るか、車買取店などを利用するかを選択しましょう。ここでは個人売買のデメリットを紹介します。

トラブルがおこりやすく、すべて当事者で解決しなければならない

個人売買では業者はからまずに個人的に車の売買をします。売り手は車の欠陥を隠したがる傾向にありますが、後で欠陥が見つかるなどしてトラブルになってしまうことがよくあります。きちんと売買契約書を交わすなどしてトラブルを事前に防ぐ手立てを講じることも大切です。売り手書いて双方とも相手がどんな人か事前に知ることはできません。悪質な人やトラブルの際に豹変してしまう人などにあたってしまえば、車の売買どころではなくなり、心身ともに疲労することとなってしまうでしょう。

手続きはすべて個人で行う必要がある。

業者が絡まないのですから、個人売買では名義変更手続きや車庫証明、保険など車の譲渡にともなう様々な手続きを個人で行うことになります。忘れがちなことですが、自動車の税金などは移転登録をすませても当月の税金は旧所有者にかかりますが、これをどちらが負担するか、なども事前にきちんと決めておかなければなりません。

その他、車の買い手となる場合では、中古車販売業者からの購入では通常あるアフターサービスがない、割賦やローンでの支払いができない、というようなこともデメリットとなります。

個人売買では、まったく見ず知らずの相手との売買を、このようなわずらわしさや不信感、不安を感じながら慎重に行わなければなりません。

友人間で売買する場合にも注意が必要

見ず知らずの他人ではなく、友人同士で車の売買をする場合でも気をつけておきたい点があります。まずひとつは車の価格のつけ方です。ほとんどの場合、「友達だから安くしてよ、」ということになります。この時に気分や一時の感情で値段をつけてしまって、じつはもっと価値があったということになれば、売った方にわだかまりが残ります。あるいは市場価値よりも高値で売ってしまえば「あいつ、俺から儲けやがって」と遺恨を残します。

金銭が伴わずにあげるよ、と言われた場合でも、もしその自動車が使い物にならないものであったなら、移転登録などの諸費用や車の税金、車庫代などが無駄になります。

友情関係にひびが入るようなやりとりにならないように注意が必要です。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ