車の室内のいやなニオイをなくす方法

車の室内の臭いは持ち主本人はなかなか気が付かないもの。しかし初めて同乗する人や車を売却しようとする際の査定士などにとっては敏感に分かるほどの悪臭になっていることもあるのです。車の嫌な臭いを消し去る方法について考えましょう。

車のいやなニオイを消す方法

車のニオイの原因

なぜクルマの車内は臭くなってしまうのでしょうか?いろいろな原因があります。まずは土足で出入りしていること。外を歩いたままの靴を履いたまま乗り込んで、その気はなくても床などに汚れをこすりつける形になります。泥、砂、ばい菌などが車内に持ち込まれます。濡れた傘などからは水分が車内に持ち込まれます。車に乗っている人の汗や体臭もシートなどにこびりつき臭いの原因となるでしょう。

さらには車内での飲食による食べかす、飲みこぼし。隙間に入った食べ物のカスや忘れて放置していた食べ物が腐ってしまう。

喫煙するドライバーや同乗者がいればタバコの臭い。たばこの臭いは喫煙中の煙が車内のシートや内装にこびりついてなかなか臭いはとれません。灰皿を清潔にしていなければそこからも常に臭いが放出され、非喫煙者にとっては耐えられない悪臭の元になります。

そして車のいやなニオイの原因の多くを占めるのがエアコン。送風口、フィルター、内部の汚れが悪臭を運んできます。

こうしたニオイの原因をまずは徹底的に車内から締め出す必要があります。フロアマットやカーペット、クッション、シートカバーなどを取り外し洗ってしっかりと乾燥させる、車内も小さな掃除機を用い、食べ物のカスや砂などの汚れを取り去ったら、ドアを開け放って湿気を追い出しましょう。よく日曜日の晴れた日にボディを洗車しているお父さんを見かけますが、そんな時にこそ車の室内もしっかり掃除、乾燥させてあげたいものです。

車内のニオイを取り除く消臭グッズ

車にこびりついたニオイは頑固でなかなかとれません。芳香剤をいれたから大丈夫、と思っていると大間違いで、ただ単にニオイをニオイでごまかしているに過ぎません。場合によっては芳香剤によってブレンドされた匂いがさらに強烈な悪臭になってしまうこともあるのです。

そこで手軽に使える消臭グッズを使いましょう。消臭グッズには、スプレー式の消臭剤が便利ですね。またエアコンの臭いやたばこの灰皿用のケミカルグッズもいろいろな種類があります。

まずはこうした消臭グッズを使って、臭いの原因となるものを取り去りましょう。芳香剤にたよっても解決にはなりません。きちんと掃除、ケアをした後に芳香剤を置くのはいいですが、その場合も消臭・除菌タイプのものを選ぶといいでしょう。

デイリーケアが肝心

車の室内のイヤな臭いは運転者が気づかないうちにやってきます。掃除をしてケアをしたつもりでもしばらくするとまた匂いが発生してしまうものです。

基本的には日々清潔に使用することを心がけ、まめに掃除をすることが一番の悪臭予防になります。

ニオイを発生させたくなければ、土足厳禁、禁煙が理想的です。車内での飲食も最低限に抑え、残したものは車内に放置せずすぐに捨てましょう。もし食べ物や飲み物をこぼしたり、汚したりすればすぐにキレイにし防臭スプレーをかけるなど、その場でできることをしておきましょう。

エアコンの使い方にも一工夫を

夏場、冬場はエアコンを使いますが、その際「内気循環」でずっと運転しがちなもの。時々「外気循環」にして車内の空気を排出するようにしましょう。
また、車を駐車する数分前にエアコンの暖房・冷房を切り、通風だけにすることでエアコン内部の湿気を取り除き、カビの臭いを防ぐことにつながります。

年に一度は大掃除を

車の掃除はシートが邪魔でなかなか細かい部分までできないもの。それならいっそシートを取り外して掃除しましょう。外したシートは天日干ししてしまえば、カビ、ダニも防げて一石二鳥です。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ