車の査定時に必要な書類・売却時に必要なもの

車を査定してもらう時に必要になる書類および実際に車を売却する際に用意しておくべきものを紹介します。

車の査定時に必要な書類

  • 車検証
  • 自賠責保険証書

車検証は正確には「自動車検査証」と言い、車の年式や所有者、車検日などを確認するために必要となります。通常は車に備え付けておくものなのでダッシュボードの中に入れっぱなしという人が多いでしょう。自賠責保険証書も同じバインダーの中に入れられていることが多いと思いますので、見当たらない場合はそちらを探してみましょう。

車の売却時に必要となるもの

  • 車検証
  • 自賠責保険証書
  • 自動車税の納税証明書
  • 実印
  • 印鑑証明

車を売りたい本人が車以外に用意しておくべきものは以上です。
これらの他、車買取店側が用意してくる譲渡証明書、委任状に押印、記入を行う必要があります。

現在の車の名義が自分ではない場合、ローン中の車、車検証の住所が現住所と違う、結婚などで性が変わっている、車の所有者が死亡している場合など、通常と異なる手続きが必要で、住民票や戸籍謄本、所有権解除書類、遺産分割協議書などが必要となる場合があります。これらのケースへの対処方法については車買取店は熟知していますから、状況をきちんと話して必要な書類などを用意しておけばいいでしょう。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ