車同士の衝突事故の過失割合について

車同士の衝突事故の過失割合について、確認しましょう。

①交差点内を青信号で直進していた車(A)と、同じく対向車線で交差店内を青信号で右折した車(B)
②信号待ちで停車していた車(C)に衝突した車(D)
③車線中央を走行していた車(E)と、対向車線を越えて走行していた車(F)

答えは下記の通りです。

①A→20%、B→80%
交差点で右折する車両は、対向車線で直進あるいは左折をしようとする車両を優先させるべきであり、その進行を妨害することはあってはなりません。
よって、本来B車はA車が直進するのを待ってから動き出さなければならないのを怠ったため、過失が多くなります。
ただし、A車も直進にあたり進行方向に危険物がないかを確認する義務があったのを怠った結果衝突しているので、僅かながら過失が発生します。
ちなみに事故が起こった原因の第1位は安全不確認、第2位は脇見運転だそうです。
交差点は信号機、横断歩道、周囲の車両など確認する箇所がたくさんあるので、より運転に注意が必要ですね。

②C→0%、D→100%
典型的なもらい事故の例です。
C車は動いていなかったのですから、D車が前方確認を十分行っていれば防げたはずです。
ちなみにもらい事故の場合、保険会社が示談交渉することは弁護士法で禁じられているため、当事者同士が直接やり取りを行うことになります。

③E→0%、F→100%
センターラインオーバーの事故です。
双方の車両が動いている事故ですが、これも②と同様100:0の過失です。
理由は対向車のセンターラインオーバーという予期せぬ事態に対して、運転者に注意義務はないからです。

これ以外にも信号機がない道路での事故、高速道路での事故など、あらゆる事故形態に応じて基本の過失割合が定められています。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ