新車と中古車はどちらを購入した方が得をする?

新しく自動車を購入する際には新車か中古車のいずれかを選ぶことになります。新車は真新しさ、エンジン回りの劣化がない、などのメリットがある反面、値段は高くなります。また中古車には、経年や使用による劣化、型落ちなどのデメリットがある反面、新車価格では買えないグレードの自動車に乗ることができるという点があります。ここでは新車と中古車、どちらを選択すれば「お得」なのかを考えてみることにしましょう。

新車と中古車、どっちが得?いきなり結論

どちらとも言えない。何をもって「得」「損」とするかの個人の判断によって変わる。

身もふたもない結論ですが、「新車を買うか?中古車を買うか?」という質問に真面目に答えるとこのような結論となってしまいます。いくら車に詳しい人でも、ずばりこっちが得だ!と万人に当てはまる回答をすることはできないのです。

あなたが車に求める「自分に合ったクルマ」とは?

新車であろうが中古車であろうが、あなたの状況、希望にかなう「自分に合ったクルマ」を選ぶことが結局は「得」ということになるでしょう。では、「自分に合ったクルマ」とはなんでしょう?
あなたはなぜ車を手に入れようとしているのですか?車に何を求めているのでしょう?
絶対に譲れない車に求める条件は何ですか?

車を選ぶ条件

車を購入する際の決め手として考えられ条件項目をいくかあげてみましょう。経済力、ステータス、実用性、操作性、安全面、乗り心地、居住性、予算、サイズ、ボディカラー、車種、年式、スピード、馬力、美しさ、清潔さ、好み、乗車人数・・・キリがないほど条件項目は考えられます。

多くの人が様々な条件、希望項目を持ちながら車選びをしています。それらの条件からこれだけは譲れないという優先順位を決め、車販売店で実際に店員の話を聞き、車を見ながら、現実とのすり合わせをしていきます。

自分の希望を満たすには新車ならどのくらい、中古車ならいくら、ということも大体わかってくるでしょう。特定の車種やグレード、年式のものを希望するなら、必然的に新車、中古車の選択が決まってくる場合もあります。

それでもあえて言うなら新車がいい

結論としては「どちらともいえない」と書きましたが、もし私が、仲の良い友人に車の購入について相談されたら「予算が許せば新車を買っておいた方がいいよ」と答えます。2,3年で愛車を手放すというのではなく、長く乗るつもりなら新車を購入する方がのちのち後悔することは少ないと考えられます。とくに初めて車を購入するなど、車の知識が低い方こそ新車を選ぶことのメリットが大きいでしょう。
その理由は3つあります。

1、あたりはずれがない

新車はメーカーが最新の技術を投入して送り出しているものです。リコールなどの欠陥が見つかる場合もありますが、中古車ではずれをひいてしまう確率に比べれば、購入後にトラブルになる可能性は極めて低くなります。中古車の場合には、個体差が非常に大きくどんなリスクが隠されているかなかなか素人には分かりません。悪徳な中古車販売業者には事故歴や修理歴を隠し走行距離を操作するなどの隠ぺい工作をされる場合もあります。そういったリスクが一切ないのが信頼できる国内メーカーの新車です。

2、最新技術かつ高性能の車に乗れる

新車は新しいから嬉しい、という事以外に重要なのがその性能です。近頃の車の技術の発展は目覚ましいものがあります。衝突解除システム、日産が導入したアラウンドビューモニターなど安全性と操作性においてかつての自動車にはない機能も増えています。

3、三年間の保証期間がある

新車の大きなメリットして保証期間が三年あるということです。中古車の場合も販売店などが定めた保証制度がある場合もありますが、期間、サービスにおいて新車の保証とは比べ物になりません。保証がしっかりしているので安心して車を利用することができます。

以上、ここでは新車と中古車、どちらを買うのがお得?ということに関して「どちらともいえないが、強いて言うなら新車である」という私個人の意見に基づき、その優位点を説明しました。

もちろん、安さが大事!と言う場合など中古車にもメリットを感じるケースは多いので一つの意見としてとらえていただきたい。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ