任意保険は安ければよいわけではない

任意保険と呼ばれる自動車保険は、主に4つの要素から構成されます。

①相手の怪我を補償する「対人賠償責任保険」
②相手の持ち物を補償する「対物賠償責任保険」
③自分の怪我を補償する「人身傷害保険」
④自分の持ち物を補償する「車両保険」

この4つを基本として、それ以外のサービスについては特約を付けることでより手厚い補償を受けることができます。
自賠責保険の説明で、自賠責保険の保険料は車種と保険期間によって一律に決められているとお話しました。
ですが、この任意保険は補償内容を細かく設定できるうえに、車種・年式・走行距離・免許証の色なども保険料を計算する要素に含まれているため、人によって支払う保険料は異なります。

では、この任意保険の加入はどのように行うのでしょうか?
最も分かりやすいのは車を購入した際のディーラーさんで加入する方法ですが、その他にもテナントで出店している来店型の保険ショップ、勤務先の保険担当課、インターネットなどで加入することができます。
各保険会社で扱うサービスは様々ですので、その中から自分の希望にあった商品・プランを探していきます。

ここで注意して頂きたいのが、保険を選ぶ基準を「安さ」にしないことです。
これまでの自動車保険は、1年ごとに保険料が決められており、無事故の場合は翌年の保険料が下がる場合が殆どでした。
しかし保険会社は定期的に商品改定(サービス内容や料金制度の変更のことです)を行っており、特にこの1~2年は劇的な変化が起こっているため、無事故であれば保険料が年々安くなるという図式は成り立たなくなりました。
よって以前と同じ保険料、もしくはより安い保険料で契約するために、補償を下げて契約・更新するケースが増えていますが、本当にそれで良いのでしょうか?

安いことが必ずしも良いとは限りません。
保険は分かりにくく難しいイメージがありますが、だからこそきちんと理解することが求められているのです。

では最後にお聞きします。
貴方は自分自身の自動車保険の契約内容を正しく理解していますか?

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ