車の査定を受ける時にオプションやパーツはつけるべき?

車を売却する場合に少しでも高額査定を引き出すためのテクニックを紹介します。今回は車のパーツについて。パーツの中で査定でプラスになるもの、逆にマイナスになるものなどがあるので注意が必要です。

車 査定 パーツ

車の査定の場合には次に売却する場合のことを考えて業者はなるべく万人受けする状態を望みます。ドレスアップ車やチューニングカー、改造車のように個人の思い入れがたっぷり入った車は査定の際にはマイナスになることが多いでしょう。可能な限りノーマルに戻しておく方が高く車を売ることができます。

社外パーツなどを取り付ける際にボディに穴をあけているなどの場合は、やはりマイナス査定になりますのでパーツの交換の時点で将来売ることを考えておく方がいいですね。

車査定時のパーツ評価

査定でプラスになるパーツ

メーカー純正品、メーカーオプションと呼ばれるものは査定時にプラスになる可能性が高いパーツです。またディーラーオプションもプラス査定をもらえることが多いでしょう。パーツとしてはアルミホイールやエアロパーツ、エアコン、カーオーディオなど。

査定であまり評価されないパーツ

カーナビはバージョンアップ、新機種の回転が速くあまりプラス査定は期待できない代表的なパーツのひとつです。最新式のものならプラス査定も期待できますが、もし最新式のカーナビをつけてあるならそのまま新しい車でも使った方がよっぽど得でしょう。エアコン、カーステレオ、アルミホイールその他社外パーツは残念ながらあまり査定で評価されることはないでしょう。

査定でマイナスになるパーツ

このパーツがついていたからマイナスにします、となるのは主に「車検が通らない」パーツおよび改造です。またあまりにマニアックなパーツ、車体、ボディに改造、変更を加えて取り付けられているものもマイナス査定の対象となるでしょう。純正パーツを保管してあり、付け替えて本来の状態に戻せるようであればマイナス査定を免れることにつながります。

パーツの種類によって売却の仕方を買える

パーツが査定プラスになるものか、マイナス査定になるものかによってパーツの扱い方を買えるのが賢い選択です。

純正パーツ、メーカーやディーラーのオプションは基本そのままでプラス査定を狙う。それ以外の社外パーツは査定価値のないパーツは純正品に付け替えて、取り外したパーツはパーツショップやオークションで売るか、次に乗る車で自分で利用するようにしましょう。

woman-yubisasi150査定プラスになるかどうかよくわからない場合の時のテクニックをひとつ。

とりあえず車はそのままの状態で、一括査定で複数の業者に申し込みます。最初の査定業者にはそのままで査定してもらいながら、「このパーツはいくら?」「これ、純正に戻すとプラスになる?」などと尋ねましょう。

査定がマイナスになるようなものは外してから、次の業者の査定を受けて、あとは一番高い値段をつけた業者に車を売却すればOKです♪

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ