プジョー

自動車メーカーとして1882年に設立された世界最古の量産メーカーと知られるフランスのプジョー。現在は、同じフランスの自動車メーカー、シトロエンとPSA・プジョーシトロエン・グループを構成している。プジョーのロゴであるライオンのマークは有名。

1810年頃からペッパーミルや歯車、のこぎりの刃などを作る金属製造業を営んでいたプジョー兄弟。その一つのこぎりの宣伝として『ライオンの歯のようによく切れる』といった感じのキャッチコピーで売り出していたため、ライオンのマークがロゴとして商標登録されている。

1882年にまず自転車を製造し始めた。その後自動車製造のために稼働し始める。その際にドイツの技術者で自動車開発のパイオニアであるゴッドリープ・ダイムラーとも会合を果たしている。その後、1889年に蒸気エンジンを搭載した3輪のプジョー初の自動車を製造し始めた。翌1890年には、ガソリンエンジンを採用するようになる。1896年には、初のプジョー製エンジンを搭載したタイプ15を発表した。

1974年には、経営不振のシトロエンを吸収合併し、のち1979年にはクライスラーUKも傘下に収めた。そしてフランス最大の自動車メーカーとなった。

『201』が登場してから、乗用車の名前に数字三ケタで真中がゼロというのが、続いている。2004年に発表された1007から、MPVなどの車種には4ケタの数字を車名とするようになった。

初めに日本に輸入されたころは、人気がなかったが、1980年代に発売された『205GTI』がきっかけとなり、徐々に知名度を上げていくこととなった。現在では、日本法人プジョー・ジャポンが自ら輸入販売いしており、『206』は大ヒットとなった。2009年からは合併のため。プジョー・シトロエン・ジャポンとなっている。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ