レンタカーを借りた場合の自動車保険、補償はどうなる?

旅行先でレンタカーを借りた場合の、自動車保険について説明します。レンタカーの料金にはあらかじめ対人賠償・対物賠償・人身傷害・車両の補償の保険料が含まれています。

元々マイカーを所有している人であれば、他車運転補償でレンタカーを運転中の事故も補償されるようになっていますが、自分の保険を使ってしまうと自分の契約の等級が下がってしまいます。

レンタカー会社で用意されている自動車保険であれば自分の契約とは無関係なので、事故に遭ってもレンタカー会社の保険を使う方が賢明でしょう。

【あるレンタカー会社の補償】

①対人補償
1名につき無制限
②対物補償
1事故につき無制限(自己負担額5万円)
③人身傷害補償
1名につき3,000万円限度
④車両
1事故につき車両時価額まで(自己負担額5万円)
⑤その他
ロードサービス、応急処置、ガス欠時のガソリン運搬など

補償内容は、レンタカー会社によって変わるのですが、対人賠償と対物賠償は無制限で間違いありません。補償内容については貸し出し時に説明がありますので、よく聞いておきましょう。

特に自己負担額が発生する補償については、「免責補償制度」に加入すると、自己負担分は免除されます。代わりに1日あたり1,000程度の補償料金を支払います。

必要だと思う人だけ加入する任意の制度であり、性質は保険と変わらないと言えます。

レンタカーは普段運転しない車だからと運転が慎重になる人と、自分の車ではないからと無謀な運転をしてしまう人、どちらも存在するようです。いずれにせよ、いつもの運転状況とは異なる状況に置かれることに変わりはありません。

レンタカーで事故を起こした場合、NOC(ノンオペレーションチャージ)という、事故で車が使用できない間の営業補償を求められてしまいますので、安易な気持ちで運転しては予定外の出費を被ってしまいます。落ち着いた運転で、楽しい旅行を過ごしたいものですね。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ