自動車保険の保険料を決める料率クラス

自動車保険の保険料を決める要素の1つに、料率クラスがあります。改めて説明すると、料率クラスとは型式ごとに過去に起きた事故・支払保険金を考慮し、保険料に反映させる仕組みです。

対象になるのは、自家用普通乗用車と自家用小型乗用の2種類です。料率クラスの区分は1~9まで9つの段階に分かれ、数字が大きくなるほど保険料が高くなります。

且つ、料率クラスは「車両」「対物」「対人」「傷害(人身傷害・搭乗者傷害)」の4つがあります。これらの数字が組み合わされることによって、保険料が決まります。

輸入車、国産車、スポーツカーで違いを確認していきましょう。

車の料率クラス

①輸入車(メルセデスベンツ)

車両 9
対物 5
対人 7
傷害 5

車両が最大値の9です。
理由は輸入車は国産車より修理費がかかること、いたずらの対象になりやすいこと、盗難の被害が多いこと等です。

②国産車(スズキ)

車両 2
対物 4
対人 3
傷害 4

メルセデスベンツに比べて、かなり数値が低いです。
料率クラスが低いのは、事故を起こしていないのは勿論、その車自体があまり流通していなければ事故件数も少ないので料率クラスを上げようがないという理由もあります。
この数値の車を買えば、保険料は相当安いはずです。

③スポーツカー(スバル)

車両 5
対物 4
対人 4
傷害 4

輸入車と国産車の中間くらいの数字です。
スピードが出るので事故に遭った時の損害が大きいこと、事故率の多い若者が好んで乗る傾向にあるので、車両が高めの数値です。

これらの料率クラスは「自動車保険料率クラスデータベース」というHPから抜粋したもので、型式さえ分かれば誰でも比べることができます。
車の購入の際には車本体の設備や価格に目が行きがちですが、料率クラスの面から考えるとまた違った買い物ができるかもしれませんね。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ