ボディのキズは修理しないで査定に出す方がよい

車のボディにキズがある場合、そのまま査定に出そうかどうか悩んでしまうものです。車を利用していればキズは当然つきものですから年式相応の細かいキズは査定マイナスになることはありません。が、やはり大きなキズ、目立つ傷はマイナス査定となることは免れません。しかし、それでも、ボディのキズを自分で修理してから査定に出すことはあまりおすすめできません。

逆に査定額を下げる恐れも!

少しでも査定額を高くするために車をきれいに掃除して内装も外装もピカピカにしておくのは何も悪いことではありません。問題はボディにキズを発見した場合です。

小さなひっかき傷やすれ痕の場合には、コンパウンドや専用のケミカル商品で跡形もなく消し去ることが可能です。自分で消してしまっても何の問題もありません。当然、残しておくよりも消してしまった方が査定での弱みもなくなるでしょう。

しかし、万が一、キズを消そうとして失敗し新しいキズを作ってしまったり、ボディの塗装をはがしたりムラを作ってしまうこともないとは言えません。

車の扱いに慣れている人、自信のある人ならかまいませんが、キズを修復した経験のない人、ちゃんと消せるかどうか自信のない人は自分でキズを消そうとしないほうが無難です。

そもそも自分で消せそうなくらいの小さなキズは査定額にあまり影響を与えません。かえってボディにムラを作ってしまった場合のマイナス査定の方が心配です。

自分でも消せなそうな大きなキズの場合は?

小さなキズ、目立たないキズはよほど自信のある方以外はそのままにしておいた方がよいのですが、では手におえなさそうなキズの場合はどうでしょう?

この場合も「何もしないでそのまま査定に出してしまう」が正解です。

査定の前に自分で修理工場などの業者に頼んで修理を依頼すれば当然お金がかかります。一般の人が修理を依頼すればそれ相応の費用がかかります。しかし、業者は一般の人よりももっと安く修理をすることができます。査定額のマイナスを隠すための費用の方がマイナス分よりも大きくなるということがおこる可能性が高いのです。

実際に私が査定に出した時は、前方のバンパーをこすってしまってキズになっていたのですが、そのままの状態でみてもらったところ、「ああ、これは問題ないです。別に直しても直さなくてもおなじでしたよ」とあっさり言われた、という体験をしています。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ