車の査定額が思ったよりも安い。どうしてですか?

「まさか、こんなに安い金額を提示されるとは思わなかった。」
愛車を査定に出した時にこんな気持ちになることは少なくありません。そんな時、どんな風に対処すればよいでしょうか?

何度か中古車を査定してもらった経験のある方は、少なからず「こんなはずじゃなかった」という目にあっていることと思います。

もちろん中古車を売る時と買う時とでは価格が違うのは当たり前です。中古車販売業者は、車をできるだけ安く買って、できるだけ高く売ることによって儲けるビジネスですの利益分を考えてみればわかることですね。
自分で情報誌やネットで大体の中古車相場を見て、大体このくらいで売れるかな~と思うとあてがはずれてしまいます。

そういったことを理解していても、「こんなに安い査定額なのか!」と驚いてしまうことがあるかもしれません。査定員は加点も考慮しています、というものの、実際にはここが痛んでいる、ここはマイナスです。ここは査定額には影響しませんね、などとどんどん査定額を下げていきます。

査定してもらう方は高い値段をつけてもらいたいけれど、車の査定のプロではないので、「ここは減点ですね。」「この部分は査定額に関係ないです」などと言われても実際に確かめようがないので言いなりになるしかわかりません。

実際に悪質としかいいようがない査定員、査定業者は存在しますから、査定してもらう側が自己防衛するしかないのです。

複数業者に査定してもらい比較する

もしも査定額に納得できない場合には、その業者に即決で車を売ることはせずに、他の業者でも見積もりを取ってください。複数業者に査定してもらえば大体の妥当な金額がわかりますし、高値を付けてくれた業者に売ればいいだけなので難しいことはありません。

大手業者なら高い値段をつけてくれる!?

CMをバンバン流しているような中古車販売業者が一番高く買い取ってくれると思っている人がいるかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

有名な業者ほど広告費用がかさみ、営業マン(査定員)は、1円でも低く買い取ってくるようにと厳しいノルマを課せられていたりするので査定額は他の業者よりも低くなりがちです。

その上、他社で査定させないようにと、あの手この手で妨害、営業トークを炸裂させてきます。

車を売るのはこちらです。どれだけたくさんの業者に査定してもらうのかも、最終的にどこに売るのかもすべて自由ですのできっぱりと「他でも査定してもらうので今日は即決しません。」と言って、別の業者で査定してもらいましょう。

ある人は○リバーで強引に中古車買取りの契約をされましたが、あまりにも不審に思い、後日解約したうえで他の業者に出したところ20万円以上も査定額に差があったということです。何も行動しなければ大きな損をするところでした。

「査定額が思ったよりも安い。おかしいじゃないか!」
そう思ったら泣き寝入りしないで行動をおこしましょう。

もちろん相場を理解せずに、ただただごねてばかりでは車を売ることはできなくなります。

そうではなく相場や複数業者の査定額などの現実を知っり冷静に対処し、行動することで今よりも高額な査定を引き出すことができるかもしれません。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ