車両保険金額とは

Q:車両保険を検討していますが、車両保険金額とは何ですか?たくさん補償して欲しいので、高い金額にしてもいいですか?

A:車両保険金額とは、事故の際に支払われる保険金の上限金額のことです。
  これは被保険自動車の適正価格の範囲内で決めるものであり、極端に安い(あるいは高い)金額で設定することはできません。

車両保険金額は妥当と思われる範囲で設定しなければなりません。
新車と中古車の場合で決め方が若干異なりますので、参考にしてください。
なお、5万円単位で設定となりますので、「123万円」のような端数で設定することはできません。

【新車の場合】
車を購入する時は本体価格以外にも諸費用がかかるのは、ご承知の通りです。
「オプションの設置費用」「消費税」「自動車税」「自動車重量税」「納車費用」「ナンバープレート代金」「車庫証明の取得代行費用」・・・等。
車両保険の金額として計算に含めて良いのは、「本体価格」「オプションの設置費用」「消費税」です。
新車はディーラーとの売買契約書に基づいて足し算をしていくだけなので、非常に簡単です。

 

【中古車の場合】
中古車ディーラーから購入した場合は、その売買契約書に基づき、新車同様「本体価格」「オプションの設置費用」「消費税」を足していきます。
個人売買で取得した車、あるいは以前から所有していた車であれば、型式と初度登録を保険会社に言えば、妥当な金額を教えてくれます。
その金額は保険会社が調査した市場流通価格を元に設定されています。
もし保険会社の設定価格では不満がある場合は、中古車情報誌やインターネットに掲載されている同じ型式・同じ初度登録の車の情報があれば、それを採用することもできます。
「ものすごい古い車だけれども、おじいちゃんの形見の車で、私には凄く価値のある車です!」と言い張っても、保険金額が高くすることはできません。

新車、中古車問わず適正価格範囲の中から、自分にとって最適な金額を選びましょう。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ