車両保険は自分の車を補償する保険

車両保険は、事故で損傷した自分の車を修理するための補償です。
対物賠償の補償内容をご存知の方には、「交通事故が起きたら、相手の対物賠償で補償してもらえば良いんでしょ?」と思われる方もいらっしゃいます。

ですが、自動車事故の中には当て逃げや飛び石など事故の相手が特定できないものや、台風や竜巻などによって破損するものがありますので、修理費を自己負担しなければならないケースが存在します。
車両保険の補償内容は、主に2種類の中から選択する方式になります。

最も補償が厚いのが、「一般条件」です。
一般条件は車同士の衝突は勿論、当て逃げや単独事故(自らに事故発生の責任があるもの)と幅広く補償されます。
もう1つは、補償の範囲を狭めた「限定条件」です。
限定条件は一般条件で補償された当て逃げや単独事故が補償の対象外となるため、保険料が安くなります。

【補償の違い】

  電柱と衝突 当て逃げ 車庫入れに失敗 盗難 いたずら 車との衝突
一般条件 ○  ○    ○     ○  ○    ○
限定条件 ×  ×    ×  ○  ○     ○

あわせて、車両保険における免責(保険金が支払われない)を確認しましょう。
・故障
・サビなどの自然消耗
・故意の損害
・タイヤのパンク
・酒気帯び運転による損害
・地震、津波、噴火による損害

尚、車両保険の契約時には「一般条件」か「限定」かを選択すると同時に、「車両保険金額」「免責金額(自己負担額)」「特約」といった他の条件も考慮する必要があります。

どんなに運転に注意を払っていても、100%事故を回避することはできません。
保険料の安さや手続きの利便性ばかりに気を取られていると、万が一の時の補償が十分ではなかったという事態になりかねません。
面倒でも、分かりにくくても、保険の内容はきちんと理解するように努めましょう。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ