今からでも間に合う!車を高く売るための手入れと運転術

車の査定額を決定づけるのは、車種、年式、グレード、人気、ボディーカラーなどさまざまな要素があります。ここでは、車を売る時に少しでも高く売ることができるような車の手入れ方法、運転の仕方、メンテナンスなどについて紹介します。

車を長持ちさせることを心がけましょう。

すでに購入している車の車種や年式などはこれから変更することはできませんが、車の状態は日頃の心がけ次第で大きく変わってきます。

駐車スペースは屋内に

車は多くの部分を鉄で作られていますので、湿気に弱く錆びやすいという性質があります。屋外の土、砂、砂利などの舗装されていない地面に車を駐車しておくと、車下部のパーツを中心にサビが発生し、車を傷める原因になります。アスファルトで舗装された駐車場に止めておくのと舗装されていない青空駐車場に止めておくのとでは車の状態に大きな差が生まれます。

走行距離を抑える

走るために車を買ったのに「あまり乗るな」とは言えませんが、車の走行距離はダイレクトに査定額にかかわってくるポイントです。特に査定額に差が出る山場となるのが5万キロと言われており、ここを超えないうちに売った方が一般的にはより高い査定額になると言われています。また10万kmもひとつの目安で、中古車査定においてはここを超えるとほとんど値段がつかない場合があります。もちろんメンテナンスや部品交換をすれば車の耐用年数というのはもっとあるのですが。

定期点検整備

中古車市場でも人気の軽自動車の場合、あまり車に関心のない主婦などがメンテナンスをせずに乗っていたものが多いため、状態の悪い車が多い傾向にあります。
車は使い方次第で程度が格段に変わってしまいます。定期的な点検、まめなオイル交換、フィルターの交換などを欠かさないようにしましょう。

ボディのメンテナンス

外を走る車には埃、汚れが付着するもの。汚れをそのままに放置していくとボディの痛みの原因となりますので、洗車はまめにするようにしましょう。小さなキズなども放置しておくとサビが発生したり、傷が広がって被害が拡大しますのでまめに補修しておくことが大切です。

内部の清掃

人が乗車する内部も使えば使うほど汚れていきます。装備品の状態も査定の際に考慮されるポイントです。たばこの臭い、食べ物の汚れ、靴についた汚れなどをそのままにしないで、常に清潔に使用しましょう。

装備品

極端なカスタマイズを施した車は、査定の際に値段を下げられるマイナス要因となる場合があります。パーツを交換する場合には純正のオプションなどを捨てずに残しておいて査定前にもとに戻しておくといいでしょう。エアコンなど、装備しているのが基本的なもの以外のもの、たとえばアルミホイールやカーナビなどは査定額にあまりプラスにならないことが多いので、査定を受ける前に外してしまってもいいでしょう。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ