他車運転危険補償特約

自動車は、必ずしもその所有者が自ら運転するとは限りません。大人数での旅行では交代で運転することもあるでしょうし、友人の車を借りてドライブなんてこともありえます。そんな他人の車を運転していた時に事故を起こしてしまったら、一体どうなるのでしょうか?

自動車保険で修理費や相手への賠償を補えるとはいえ、等級がダウンし、事故有係数期間が適用され、その結果保険料がアップしてしまうのは、自分ではなく友人なのです。
事故を起こしたのは自分なのに、相手に負担を強いてしまうのは、非常に心苦しいですよね。

その時に使えるのが、「他車運転危険補償特約」です。
臨時で他人の車を借りて運転している時に起こしてしまった事故について補償する特約であり、運転者自身が契約している自動車の契約内容に従って、優先して保険金が支払われます。
自分の保険を使えるので、他人に金銭的な負担を与えず済みます。
友人関係の気まずさも、これで少しは解消されるかもしれません。

ただし注意すべき点がいくつもあります。
まずあくまで補償の対象は他人の車で起こした事故であるので、父母の車を借りて事故を起こした場合は補償されません。
また、借用中ではない車、つまり所有者の了承を得ないで勝手に乗り回していた場合も補償されません。
更には、勤務先の車を運転した時や、自動車修理業者等が業務として預かった車を運転している時の事故も対象外となります。
勤務先の車で起こした事故は勤務先が加入している自動車保険で、修理業者の業務中の事故は修理業者が加入している賠償責任保険で補償するためです。

この特約、個人の運転者向けの補償と思って頂くのが良いでしょう。
殆どが自動付帯されておりますので、誰かに車を借りる前に加入の準備をするなどは不要です。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ