売った車が新しいオーナーの手に渡るまでの流れ

あなたが中古車として買取業者に売った車やディーラーに下取りしてもらった車はその後、どういう経路を経て新しいオーナーの手に渡っているでしょうか?

一般的な知識では、中古車販売店が車を買い取った後は、整備などをして自分たちのお店で中古車として販売する。といったことが普通のように思えます。たしかに、そうした形で販売する業者もいますが、現在の中古車市場の中心は業者オークションです。これは一般人ではなく、中古車販売業者のみが参加できる業界むけの中古車オークションとなっています。

車を買取した業者はオークションを利用することで、買取した車をすぐに売りさばくことができるので、在庫を抱える必要がなくなるというメリットがあります。また買取の際に、自分の販売網で売れるかどうかを計算する必要がなく、オークション相場だけを考えていればいいので、様々な車種を買取、オークションで利益を得ることができるのです。

オークションで車を落札した方の業者は、自分の店でよく売れる車だけを選んで店頭に並べることができます。

車のニーズは地域、販売店によって違いますから、こうして間にオークションを挟むことで、必要な所に必要な車が回っていくようになっています。

ただ、車を売る側にしてみると、オークションがひとつ間に挟まることによって車の売却価格がやや低くくなっている、ということはあるかもしれません。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ