ワイパーのビビリの原因と解消方法

車を運転していてワイパーががたついた動きを見せたり、ビビリ音を放つなどの症状が出ることがあります。ワイパーは目の前にあるだけに気になるものですね。雨の時になると思い出す程度でそのままにしてしまいがちなワイパーのトラブルの原因と解消方法を紹介します。

ワイパーのビビリの原因

ワイパーがビビリやがたつきはどうしておこるのでしょうか?その原因として考えられるのは車のウィンドウに問題がある場合とワイパーそのものに問題がある場合の2つが考えられます。

原因の特定方法

ワイパーのビビリの原因を特定するには、乾燥時と雨天時などの濡れている時のどちらでビビリが発生するのかを見極めてみましょう。乾燥時だけビビリがおこる場合には、ワイパーのゴムや角度に問題がある場合が多いでしょう。雨天時などの濡れた状態でビビリが生じる場合は、ガラスコートがらみである可能性が高いでしょう。

解消方法

ワイパーに原因がある場合

ワイパーゴムの寿命

ゴムが擦り減っていたり、傷がついているなどすることがあるとビビリの原因になります。ワイパーゴムを新品のものに交換すれば解決します。交換する際にモリブデンコートを施したタイプにすれば摩擦抵抗が少なくビビリがおこりにくい上にコート剤を削らないので長持ちさせる効果もあります。

ワイパーそのものが曲がっている

自分で治す場合には少しずつ手で曲げたりしながら動かして様子をみて調整します。

まだ新しい車の場合には新品のワイパーアームの圧力が強すぎる可能性があるので外側へ曲げる。経年劣化していてバネの力が弱くなっている場合には内側にむけて曲げてあげるといいでしょう。

なかなか万全な角度に調整するのは難しい上に状態を悪化させてしまう可能性もありますから、車を購入したお店や修理屋さんに任せた方がストレスがないかもしれません。

ガラスコート剤が原因

ガラスに塗られている撥水コート剤の厚みにムラがある場合にもワイパーのビビリは起こります。この場合は一度コート剤をはがし、きちんと下地処理を施したうえでガラスコートを施行してもらいます。これは業者に依頼するしかありません。ただ、この場合でもコート剤とワイパーブレードの相性によってはビビリが解消できますので、ブレードのゴムや本体を交換してみることで解決できる場合もあります。コート剤用のワイパーというのもあります。

ワイパー交換は大変だなという場合には、ワイパーゴムに塗るだけでビビリを止める、というケミカル商品も出ていますので利用するといいでしょう。

ウィンドウの油膜が原因

ガラスについた油膜などの汚れが原因でワイパーのビビリ、ひっかかりをおこすこともあります。この場合はガラスをきれいに洗い、ガラスコンパウンドなどできれいにすることで解消できます。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ