電気自動車(でんきじどうしゃ)

電気自動車(でんきじどうしゃ)は、電気をエネルギー源として走る自動車のこと。電池式と架線式がある。その他に自動車自身に発電装置を備えたソーラーカーなども電気自動車である。

現在一般的な電気自動車といえば、電池を備えており、外部から電気を充電するタイプの電気自動車です。ガソリンを使用していない電気自動車は走行時の二酸化炭素、NOx(窒素酸化物)やPM(粒子状物質)の排出量が一切ありません。地球にやさしい車、エコカーとして将来的にもますます普及していくとみられています。

電気自動車の電気代はいくら?

電気で走る電気自動車、最近は自宅で充電できる車も出てきています。そこで気になるのが電気自動車を使用した場合にかかる電気代。日産リーフの場合では公式発表で、「満タンにするのに約300円」とあります。リーフの場合、満タンでの走行距離は228kmということです。仮に通勤に使うとして1日30km使った場合、年間の電気代は13,000円程度になります。これは車と比較した場合には十分の一程度のコストとなり、非常に経済的です。

電気自動車の価格はどんどん下がっているが・・・

電気自動車は経済的でエコ、騒音もなく快適に走れるというメリットがありますが、現在ネックとなっているのは、電気自動車本体の価格がガソリン車に比べて割高であるという点です。新車価格は同排気量クラスのガソリン車に比べて割高で、300万円以上が相場という状況です。しかし、各メーカーのコスト削減努力で、電気自動車の価格はどんどん下がっていますので、近い将来、ガソリン車と同じような値段が買える日が来るのは間違いありません。また、国の購入補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)を最大53万円受けられる場合もありますので、これから電気自動車を購入する人はぜひ利用したいものです。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ