自動車グリーン化税制(じどうしゃぐりーんかぜいせい)

自動車グリーン化税制とは、資源や環境に配慮した自動車を普及させるために、排出ガスや燃費性能に優れた自動車に対して、一定の基準に応じて自動車税を軽減する制度。ハイブリッドカーや電気自動車などエコカーが対象となるが、逆に新車新規登録から一定年数を経過した自動車に対しては自動車税が通常よりも多くなる。

自動車グリーン化税制の対象となる車
電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、天然ガス車、燃料電池自動車、クリーンディーゼル自動車、低排出ガス車かつ平成27年度燃費基準達成車で燃費基準の達成率による優遇税率に違いがあります。

主な各メーカーの自動車グリーン化税制対象車
トヨタ・・プリウス、クラウン、iQ、エスティマアルフォード、ノアなど
ホンダ・・オデッセイ、エリシオン、ライフ、ステップワゴン、フィットなど
日産・・・シーマ、スカイライン、エルグランド、キューブ、ジュークなど

税金が安くなるのは1年のみ
自動車グリーン化税制によって税金が安くなるのは新規登録から1年間と定められています。やった!と喜んだ者のたった1年だけのものだったんですね。たとえば平成26年度に新車新規登録された自動車については、平成26年度のみ自動車税が安くなりますが、平成27年度からは通常の税額に戻る、ということです。それでも新車購入時の自動車取得税や重量税が安くなるので、新車購入のハードルは低くなりますね。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ