ローダウン(ろーだうん)

ローダウンとは、自動車の車高を低くすることでかつての暴走族風の改造で言われていたシャコタンという言葉と区別するために言われるようになった言葉。ここではローダウンのメリット、デメリット、ローダウンをする方法などを解説します。

ローダウンする理由

車高をローダウンしている人にその理由を聞くと、「恰好がいいから」という答えが多いようです。これに対し「ローダウンは格好よくない」という声も当然あります。これは好みの問題なので、やりたい人がやればよいことになりますね。車体が低くなることで速度性能が上がるとか燃費がよくなる、ということもローダウンをする理由として挙げられています。かくれた理由として以外に多そうなのが、「みんながやっているから俺もなんとなく・・・」というのものがあります。

ローダウンのメリットとデメリット

ローダウンのメリット

見た目がかっこいい
個人の感覚によるものなので、実際にかっこいいのかかっこ悪いのかは個人の主観に任せられます。実際にローダウンしている人の理由のほとんどがこれです。

車の安定性が増す
車高全体が低くなることにより重心が低く、接地性がよくなり車の安定性が増す。

速度性能が上がる(車が速くなる)
車高が低くなることにより風の抵抗が弱まり、速度性能がアップする。

スピード感がアップする
運転席からの視線が下がることで乗車時のスピード感が上がります

ローダウンのデメリット

高速走行時の操縦性が不安定になる
エアロパーツを装着した車をローダウンした場合の高速走行時に気流の変化が生じてしまい、車体の操作性が不安定になる可能性がある

車の底をこする
坂道、段差などで車の底をこすってしまう場合がある。駐車場への出入り、歩道の段差、踏切などで注意が必要。

駐車などを断られる
床をこするくらいならいいが、ローダウンした車は地面の凹凸によわく立ち往生してしまうケースが多発しているので、駐車場(特に立体駐車場)、フェリーなどでは入ることを断られてしまうこともある。実際にローダウン車が踏切で立ち往生し電車を停めてしまうというケースも少なくない。

車検に通らない
スプリングを切断していたり、車の最低地上高をクリアしていないような極端なローダウンの場合、車検を通過できない。

ローダウンの方法

ローダウンをするもっとも一般的な方法はスプリングやサスペンションキットをローダウン用のものに交換することで、ディーラーやオートバックスなどのカーショップでも気軽に購入、交換が可能です。

規制について

ローダウンは自分の好みでどこまでも車高を下げてよいというものではなく、法律によって規制されています。
「車高調整装置が装着されている自動車にあっては、標準(中立)の位置とする。ただし、車高を任意の位置に保持できることができる車高調整装置にあっては、車高が最低となる一路車高が最高となる位置の中間の位置とする。」
(道路運送車両の保安基準の細目を定める告示第163条より)
という一見しただけではなかなか意味がよくわからない条文があるが、基本的には地面から車の最下部(最低地上高)を9cm以上確保する必要がある。
ちなみに法律に関して言えば、1995年11月に規制緩和がおこなわれる以前はローダウンに用いられる「スプリングの交換」は違法であったが、規制緩和以降、自由に交換できるようになり、ローダウンをドレスアップの一部とする愛好家が増えました。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ