メーカーオプション(めーかーおぷしょん)

メーカーオプションとは、新車の購入時に、購入者の希望に応じて付け加えることのできる付加装備のうち、メーカーの工場であらかじめ取り付けて出荷されるものをいいます。

メーカーオプションは工場から出荷される前にメーカーの工場で取り付けられるもので、取り付けられる装備はメーカーの純正品となります。

メーカーオプションには、車を組みたてる時に純正の標準のパーツに変えて組み込まれるもので、比較的大がかりな装備、部品があります。主なメーカーオプションには、カーオーディオ、カーナビ、ムーンルーフ(サンルーフ)、シート、ホイールなどがあります。

どうしても欲しい装備はメーカーオプションで
メーカーオプションのついた車を工場で組み立てる時には、標準装備品は始めから装着されず、注文された装備が取り付けられます。新車を購入した人は、標準装備とオプションの差額の分だけを支払う形になります。
これに対してディーラーオプションやカーショップなどでパーツを後から取り付ける場合には、標準装備を取り外して購入した部品を取り付けることになり、標準装備の分だけ無駄が発生します。初めからどうしても欲しい!というパーツの場合はメーカーオプションを選んでおくようにしましょう。
メーカーオプションは工場出荷時にすでに取り付けられた状態で販売されますので、購入後に希望しても取り付けることはできません。またメーカーオプションがつけられるのは新車だけで中古車にはとりつけられません。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ