年式(ねんしき)の意味と確認方法

年式とは、運輸支局(または軽自動車検査協会)に初めて登録申請し受理された年月(登録年月)のことで、車が市場に出てからどのくらいの期間がたっているのかを知る目安となります。

年式を確認する方法

オンライン一括査定や一括見積りのフォームに記入する際に、年式がわからない!という方が時々いるようですね。この車いつ買ったっけ?と記憶をたよりに思い出そうとしてもなかなか出てこないものです。

車の年式を確認するのは簡単です。車検証(自動車検査証)の「初度登録年月」というところの日付がそれです。

年式のよくある誤解

年式というのは製造販売された年のことで、登録とは関係ない。
たとえば8年に発売された車を9年位登録したら、その車の年式は9年である。
というような誤解がよく見られます。

じつは年式にはもうひとつの意味として「モデルイヤー」があります。モデルイヤーとは、主に海外メーカーが自動車の製造年に対して使用しているものです。
日本市場の日本車においてはモデルイヤーを名乗る習慣はなく、初度登録年月イコール年式となります。

先ほどのオンライン査定などで海外の車を査定してもらうような場合にも、モデルイヤーではなく、車検証を確認して初度登録年月を見れば間違いはありません。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ