任意保険(にんいほけん)

任意保険とは強制的に車保有者が入らなければならないと義務づけられている自動車損害賠償責任保険自動車保険(自賠責保険)以外に、任意(自らの意思で)で加入する自動車保険です。

自動車の保険には2種類あり、ひとつは強制保険と呼ばれるものです。自動車損害賠償責任保険または共済組合で加入する自動車損害賠償責任共済がそれで自動車を使用する際に契約が義務づけられており、加入していなければ車検が通らないため、実質車を保有することはできません。

これに対して、強制ではないものの、保険範囲が最小限かつ限定されている自賠責保険に上乗せする形で入る保険が任意保険です。

任意とはいいながらも、任意保険の加入率は約70%と高くなっています。実際に事故を起こした場合、任意保険に入っていない場合には高額な費用が必要になってしまう場合がありますので、車を所有する人は自賠責だけでなく任意保険(自動車保険)にも加入していくことをお勧めします。

自賠責保険では十分ではない

自賠責保険に入っているのに、なんでわざわざもうひとつ保険に入らなければいけないの?と思うかもしれません。

しかし、自賠責保険はそれだけで十分な保険とは言えません。自賠責保険は「被害者の最低限の救済」を目的としているので、いわゆる対人賠償のみの保険でそれ以外の保険はありません。相手の車を壊してしまった、傷づけてしまったというような場合の補償は自賠責では適用されないのです。また「最低限の救済」目的であるため自賠責保険では、交通事故被害者の人的損害の賠償についても限度額があり、それでは足りないこともあります。
また、自分が被害者となった場合の補償も自賠責保険にはありません。
以上のことから、自賠責保険の足りない部分を補うために加入する保険が任意保険です。

また、任意保険に加入したからといって、自賠責保険には加入しなくてもいい、というものではなく、二つの保険を組み合わせることで万が一の事故の際の保険として機能します。

任意保険で補償される保険の種類

任意保険では、必要な補償を任意に組み合わせて契約をしますのでその組み合わせ方や賠償金額によって補償される内容が変わります。

対人賠償・・・交通事故で相手が死傷した場合の補償。事故によって怪我をした相手の治療費や慰謝料などがあります。

対物賠償・・・交通事故で相手の物を壊した場合の補償。相手の車の修理代、修理期間中の代車費用などがあります。

人身傷害・・・自分や同乗者が死傷した場合の補償。

車両保険・・・自分の車の修理費などが保障されます。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ