自動車税納税証明書(のうぜいしょうめいしょ)

自動車税納税証明書とは、自動車税の納税が正しく行われているかを確認する為の証明書。車検(継続検査および構造等変更検査)の際に必要となる。軽自動車とバイクについては、市区町村発行の軽自動車税納税証明書となる。

自動車税納税証明書の発行・交付について

毎年自動車所有者に送付される納税通知書に添付された納税証明書用紙を用いて自動車税を金融機関の窓口およびコンビニエンスストアで支払うことで領収日付印が押され、納税証明書として有効になり使用することができます。ATMで支払ってしまうと領収日付印が押されないため納税証明書として使用できないため、注意が必要です。

自動車税納税証明書を紛失した場合

自動車税納税証明書を紛失した場合には、納税証明書の再交付を受けることができる。再発行手続きができる窓口は最寄りの都税・県税事務所または自動車税管理事務所・同駐在事務所、自動車整備振興会などがある。軽自動車の場合の自動車税納税証明書の再発行窓口は、市区町村役所で行う。

再発行に必要な書類

・車検証のコピー
・納税を行った領収証書の原本(コピー不可)

窓口で手続きをした場合の納税証明書の発行は即日、その場で行われる。ただし郵送で再発行請求の手続きをした場合には郵送にかかる日数分がかかってしまうので余裕をもった申請が必要だ。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ