ワンオーナー車(わんおーなーしゃ)

ワンオーナーの意味としては一人の所有者ということです。車の場合で言うと、新車で購入した人が中古車市場にその車を売った状態の時、その車をワンオーナー車といいます。

中古車業者は持ち主に含めませんから、「中古車市場に出る前は新車だったんですよ」「使いまわしされた古い車ではないのですよ」ということになり、また比較的状態のよい車が多いこともあり、中古車の中でもワンオーナー車であるという事は購入の際、プラスの判断材料になります。

ワンオーナー車のメリット

ワンオーナー車が中古車を購入しようと考えている人にとってメリットになると思われるのは以下のようなものです。

車に妙な癖がついていない
車の運転の仕方によって、各機器の操作性やエンジンの負担の具合などには癖がついてしまうと言われています。複数のオーナーの手を渡ってきた車にはそれだけ「癖」がつき、車の寿命や操作性に影響が出るリスクがあります。

イメージがよい
新車の状態から一人しか使用していない、ということで汚れていない、新車に近いような気がする、というイメージがします。たとえるなら、複数の男性と付き合った経験のある女性よりも一人としか付き合ったことのない女性の方が純粋に感じられる、というようなものでしょうか?

ワンオーナー車のデメリット

コンディションがよくない
売りに出した経験がないので、整備や内装外装の手入れを怠っている場合がある。

ワンオーナーが必ずしもよいとは限らない

中古車販売業者の方は、ワンオーナー車ということをメリットのように強調するものですが、前のオーナーがどのような乗り方をしていたか、メンテナンスは十分であったかによって車の価値はまったく変わります。ワンオーナーだからと言ってむやみに飛びつく必要はないでしょう。

メンテナンスがどのようにされていたかは、前の所有者の車検証や点検整備記録を見ればわかりますが、現在は中古車販売店でそれらを見せてくれることはありませんから知ることはできません。

本当にワンオーナーかどうかわからない

中古車販売店の方は車買取りの際に確認したうえで、「ワンオーナー車」として販売しているとしていますが、それを証明する書類を次に購入しようとする人は見ることができません。つまり、本当にワンオーナー車かどうか確認することはできないのです。
確認しようがないのですからどうしようもありませんが、基本的には嘘をつくような悪徳業者は一部に限られています。信頼できる中古車販売店で車を購入すれば本当にワンオーナーかどうかについて心配することはないでしょう。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ