オプション(種類・購入時の値引きのポイント)

オプションとは、車を購入する際に車体本体と基本装備に加えて追加する付属装備のことでメーカーオプションとディーラーオプションがあります。

オプションパーツには、カーナビ、エアロパーツ、サンルーフ、レザーシート、フロアマット、ワイドバイザー、アルミホイール、オーディオなどがあります。同じオプションでも実際には2つの種類があり、その違いを知っておくことは新車購入時の値引き交渉などで有利になるかもしれません。

メーカーオプションとディーラーオプション

オプションにはメーカーオプションとディーラーオプションがあり、新車を購入する時には注意が必要です。

メーカーオプション

メーカーオプションとは車メーカーの製造工場で出荷する前に装着されるオプション装備です。本体に標準装備される装備をグレードアップする形で装着されるオーディオなどは差額分だけを支払いますので後から新品を購入して取り替えるよりは経済的なメリットがあります。

メーカーオプションは新車のみにつけることのできるオプションです、工場から一度出荷されてしまえばメーカーオプションを装着することはできなくなります。メーカー純正のオプションパーツが欲しい場合には購入時(注文時)にメーカーオプションを選択しなければ後でつけることはかなわなくなりますので注意が必要です。

メーカーオプションはメーカー側である程度価格が決められてしまうので、販売店であるディーラーで大幅な値引き交渉をするのは難しい部分です。

ディーラーオプション

ディーラーオプションは、車を販売するお店(ディーラー)がつけるオプションです。
こちらは新車、中古車にかかわらず装着可能なオプションです。

ディーラーオプションは販売店の裁量で商品価格、工賃、値引きなどの対応が期待できますので交渉の余地があります。

新車購入時のオプションに関する交渉のポイント

新車を購入する時の値引き交渉では、まず車両本体価格とメーカーオプションのみで見積りを出してもらいましょう。この時点で限界まで値引き交渉をしておきます。

その後、ディーラーオプションの交渉に入りますが、出来る限り必要最小限の装備追加にしておいて、「ディーラーオプションを含めてさっきの値段だったら契約します。」と交渉してみるという手があります。

思いきってディーラーオプションはなし、という選択ももちろんアリです。メーカーオプションは後からはつけられませんが、ディーラーオプションは後からいつでもつけられるのです。あせってつける必要はまったくありません。

ディーラー側は、できるだけオプションをつけて売ろうとしますが、後でオートバックスや量販店で自分で欲しいパーツを見つけて取り付けた方が安くすむ場合も多いですので、本当に必要なものだけにしておくといいでしょう。

車を購入する時によくあるのが「ディーラーオプション5万円分プレゼントキャンペーン」など。上手に活用したいものです。

ディーラーオプションの額が少額でない場合には、見積りを出してもらってから「オプション付きでこの価格なら契約する」「このオプションもつけるからこの価格にしてもらえますか?」というように、ディーラーオプションを値引き交渉にうまく絡めるようにしましょう。
また、ある程度値段が決まってきた段階で、比較的安いオプションを見つけて、「じゃあ、これは無料でつけてもらえませんか?」とお願いしてみるのも覚えておきたいテクニックです。

ただし、このようなテクニックを用いて交渉する場合に気をつけておきたいのは、値引き交渉に臨む態度です。車への情熱、人としての礼儀を守る、販売員とともになんとか落としどころをともに考えるという態度、などが、難しい値引き交渉を有利にしてくれるものです。

自動車取得税がオプション代金にもかかる!?

新車を購入する場合にかかってくる自動車取得税は、車両本体価格だけでなくカーナビやカーステレオなどのオプションにかかった費用も合算されて税金の対象になります。

少しでも費用を抑えたい場合には、後から取り付けることのできるディーラーオプションは後から追加で申し込むようにすると、その分の費用には税金がかからなくなります。

そんなせこいことを・・・、と思うかもしれませんが、いえいえ。

かつては5%だった自動車取得税は消費税が8%に上がった平成26年4月1日から3%に変更されています。3%で計算すれば20万円のオプションでは6000円の税金が節約できるのです。

車を購入する時は、とくに新車の場合、何百万円という購入額になっているので、目先の数千円、数万円が小さな額に見えてしまい、いきおいオプションを増やしてしまったり、安易に値段を決めてしまいがちですが、払わなくてすむ費用は上手に節約したいものです。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ