査定(さてい)

中古車売買において「査定」とは、車を売る時に車の見積価格を出してもらうことです。

愛車の今の値段を算出するのが「査定」

クルマを下取りに出す時も買い取りしてもらう時も、車がいったいいくらの金額の価値があるのかを専門の査定士に判断してもらう必要があります。

新車を査定に出すことはありません。一度でも所有した車は中古車ですので、たとえ乗っていなくてもあなたが車を売りたいと思えば査定が必要になります。

新車同様のものから廃車寸前の車まで、中古車の状態はさまざまです。車の状態の他にも、車種のグレード、人気など車の相場というものも査定額に影響します。

査定額はどうやって決まるのか?

査定は自動車査定士という専門の資格をもった査定員が所定の手順によって行います。査定の手順、方法、査定で見られるチェック項目は細かく決まっていて、どの査定士が査定してもある程度同じ評価額になるようになっています。とはいえ、各自動車販売会社のニーズ、査定員のレベル、嗜好によって査定額は実際には多少の差が生まれますので査定に出す時には1社のみで決めてしまわないで複数の業者に見積もりをしてもらうようにしましょう。

査定の基本ルール

自動車の査定は車の「標準状態」と、「査定する車(被査定車)の状態」を比較して行われます。査定の基準から加点・減点がおこなわれ最終的な査定額が決定します。

査定で加点・減点される項目

車の標準状態での価値から加点・減点される項目には、外装・内装、電装、エンジン足回り、タイヤ、走行距離、車検の残り期間、自賠責の残り期間、修復歴、特殊なカスタマイズの有無、事故歴などです。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ