下取り(したどり)

車の下取りとは、新車を購入する際にその販売店で今乗っている車を買い取ってもらうことをいいます。下取り価格の分が新車の購入価格から差し引かれることになります。

車を売る場合には、「下取り」「買取」「個人売買」の3つの方法があります。
「買取」は、新車購入とは関係なく、現在の車を買い取ってもらいお金を受け取る行為のことを言います。「個人売買」はあまり一般的ではありません。

車を売る方法として「下取り」と「買取」のどちらかを選択することになります。もし、これから購入したい車が今乗っている車と同じメーカーの場合には下取りを選ぶのもいいでしょう。しかし、下取りの場合には、新車購入と同時、ということもあり、査定額が不明で、一般的に買取のばあいよりも安く見積もられるケースが多いようです。

車の下取価格は一定ではなく、車の状態、走行距離、年式、事故歴、ボディの色、時期、地域によって大きく変動します。

新車への乗換の際には、はじめから下取りしたいということを言っておくと、新車の値引き交渉とごちゃごちゃになって、査定額が低くなってしまいがちです。その場合は、下取りについては話さずに交渉をすすめ、値段が決まってから下取り車があることを持ち出すようにした方がいいでしょう。

車の下取りに必要な書類

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 自動車税納税証明書

以上の書類は車を売る場合には、下取りの時も買取の時も同様に必要になるものです。その他の、委任状などは販売店の方で用意してもらえます

ローン中の車は下取りできる?

現在ローンの残債が残っている場合にも車を下取りすることは可能です。ローンの残りの金額を下取り代金で相殺したり、一本化したりという方法がありますが、車販売店で相談すれば方法を教えてくれるでしょう。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ