天然ガス自動車(てんねんがすじどうしゃ)

天然ガス自動車(てんねんがずじどうしゃ)とは、天然ガスを燃料とするエンジンを搭載した自動車のことで燃料である圧縮天然ガスにちなんでCNG自動車と呼ばれます。

自動車を動かす動力源であるエンジンやモーターを動かすための次世代エネルギー源として注目されているのが天然ガスです。

天然ガス自動車のメリット

地球環境に優しい

天然ガス自動車は地球環境に優しいエコカーとして注目されています。従来のガソリン車やディーゼル車に比べて二酸化炭素(CO2)、窒素酸化物(NOx)や炭化水素(HC)の排出量が少なく、黒煙や粒子状物質(PM)は全く排出しません。

燃料代が安い

天然ガス自動車の燃料代は、ガソリン車の約半分、ディーゼル社の約7割です。

エコカーとしては衰退ぎみか

トヨタや日産、三菱、ダイハツなど国内の主要なメーカーが天然ガス自動車の生産や研究に参加して天然ガス自動車を発表してきたが、次世代のエコカーとして注目された天然ガス自動車ですが、禁煙はトヨタ・プリウスのようなハイブリッドカーの普及が進み、各メーカーが製造を中止することも増えている。
エコという部分では優れているが、ガソリン自動車やディーゼル自動車に比べると2倍近い車両本体価格と、特殊なガススタンドが必要であるなどの初期導入コストの高い天然ガス自動車は伸び悩んでいる。

車を一番高く売れる「一括査定サイト」はどこ?

kijisita-1

ディーラーの下取りよりも他の査定業者よりも、私が愛車を高く売ることができたのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定サイトのおかげでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ